ネコヤマンガ

毎日大体23時更新の絵日記&漫画&雑記ブログ、ネコヤマンガです。I post at 11PM Everyday!

トラちゃんを拾った時の話

f:id:oxoxoxoxoxox:20230927140451j:image

毎日夜8時更新の雑記漫画、ネコヤマンガへようこそ!! 今回はトラちゃんを拾った時のお話をします‼︎お題「うちの猫自慢」

f:id:oxoxoxoxoxox:20231012074627j:image

f:id:oxoxoxoxoxox:20230927234254j:image

つづく‼︎

トラちゃんとは ;

 

つづき

 

英語訳

Around May of when I was 8 and my sister was 10, we were playing right in front of her house, and when it got dark, we were about to go home.

Suddenly, a dark beast appeared at the feet of my sister, who was a little far away from me.

A horrifying raspy shouts that I've never heard before. Is that a devil?


The cat was on the verge of losing its voice. She later became Tora-chan.

"Could you give me some food? I think I'm going to die because I'm so hungry."

Tora-chan was on the verge of starvation and asked for help.


My older sister, who loves animals, picked up the cat.

"Wow, it's so light! It's like a feather. Alright, let's take it home!"

Eh! ?

Tora-chan's legs were stretched out with nervousness.


to be continued.

 

 

検索用

小2の五月頃、姉は10才。姉と家の目の前であそんでいて、暗くなったので、帰ろうとした時のことだった。少し離れた場所にいた姉の足もとに、突然、何か黒っぽいケダモノが

聞いたこともないような恐ろしいわめき声を

上げながら、まとわりついてきた。餓鬼?悪魔?


声が枯れ果てる寸前のネコだった。のちのトラちゃんである。

「おねえさんごはんくれない?おなかペコペコでしんじゃいそうだよ。」

トラちゃんは、餓死寸前で助けを求めてきたのである。


動物が大好きな姉は、トラちゃんをヒョイと持ち上げた。

「うわっ軽い‼︎羽みたい。よし、うちに連れて行こう!」

えー!?

緊張して足がピーンとなるトラちゃんであった。


つづく