ネコヤマンガ

毎日大体23時更新の絵日記&漫画&雑記ブログ、ネコヤマンガです。I post at 11PM Everyday!

ニャミちゃんをうちに迎えた時の話 Got Nyami-chan

f:id:oxoxoxoxoxox:20231119190127j:image

昔飼ってたキジトラねこの話です

f:id:oxoxoxoxoxox:20231120124334j:image

つづく。

 

今ならあいまる札幌に保護猫もらいに行くけど、当時はこんな素敵なところなかった。Now I'm going to Rescue cat cafe like Aimaru Sapporo to get a cat, but there was no such a nice place at that time.

Google マップ

 

「ニャーニャちゃんを返してくれなかったおじさんとおばさん」とずっと恨みに思っていた姉 My sister who has always held a grudge against "Uncle and aunt who didn't return my little Nyanya"

ぶち猫ニャーニャちゃんのおはなし その10 - ネコヤマンガ

 

ニャミちゃんの記事一覧

 

 

英訳

Two years had passed since we came back from America and we hadn’t had a cat in all that time . My sister cried and cried.  She was so upset. “I want a cat!” She would cry so much that there was nothing we could do when she got like this. 

“I want Nyanya back!”

Worn down by the constant tantrums, my mother finally gave in. She picked  up the phone book, found a local pet shop and called them. 

A 2 month old tabby brown kitten sat looking sad in a cage with a 3,000 yen price tag stuck to it. “Let me out!” it seemed to be shouting. 

My mother grabbed it by the scruff of the neck to see how it reacted. She said it was ‘one smart kitten’ when its tail curled between its legs.


The cat’s legs folded and its tail flopped straight down. “What do you think?” I asked Mom. “Hmm… it’s okay, I guess…” Looking back I can see she was right.

And so, the first cat since Nyanya came home with us. My mother and my sister decided to name her Nyami.

アメリカから帰国して2年間、猫は飼っていなかった。姉は度々癇癪を起こして、「猫を飼いたい」と泣き喚いて騒いだ。こうなるとお手上げ。「猫飼いたいニャーニャを返せ

ドロボーうわあああああぎゃあああバタバタ」ちびまる子ちゃんみたい・・・。

姉の執拗な癇癪に耐えきれなくなった母は、ついに折れた。ペットショップをイエローページで調べ、電話を掛けてから買いに行った。

その2ヶ月のキジトラ猫は、檻に入って3千円の値がつけられていた。「早く出してひとをなんだとおもってるの」

母は首ねっこを掴んで、ねこの反応をみていた。しっぽを足と足の間にくるんと巻き入れると、 「頭のいいにゃんこ」なのだそうだ。

ニャミちゃんは、足を半分たたんで、「しっぽはちょっとだらんとしていた。ワタシが「どう?」と聞くと、「まあまあかな」と母は言っていた。今思えば、たしかに当たっていた!!

そして、ついにニャーニャちゃん以来の猫がうちに来た!名前は、姉と母がニャミちゃんに決めた。