ネコヤマンガ

毎日大体23時更新の絵日記&漫画&雑記ブログ、ネコヤマンガです。I post at 11PM Everyday!

用心深いブンジがついに猫クッションを使ってくれた!

f:id:oxoxoxoxoxox:20231020164902j:image

f:id:oxoxoxoxoxox:20231020164905j:image

 

2021/3/30

f:id:oxoxoxoxoxox:20231020192856j:image

2021/4/08

f:id:oxoxoxoxoxox:20231020220806j:image

 

2020年秋と2021年秋の思い出でした!

今は、座布団として使っています…

クッションケース、自作しました…

It was a memory of fall 2020-2021!

I'm currently using it as a cushion...

I made my own cushion case for that...


英語

Bunji finally slept inside, but

At first he doesn’t  like it very much.

It was like . ``Nah, I don’t like this... it's so fluffy that it feels weird on my skin(?)...'' “Wow, amazing Bunji! How nice!”

Bunji he quickly got used to it and continued to use it until around May. ``This... reminds me of my mother's tummy...'' He put his toes in the gap. He caught it with his nails and it got tattered.

Then, around October, when summer had passed and it started to get cold again, I put it out again for the first time in several months.

``Bun, it's been getting cold lately, use this again.'' It had full of dust, so I washed it once. Then Bunji was like, ``Nah…, I'm not good at this stuff...'' and completely forgot about it, and never used it again. "Oh no, you forgot!?"

The end.

検索用

ついに中で寝てくれたブンジだったが、

最初のうちは、あまり気に入らない

様子だった。「やだよ、おれ、こんな…なんかフカフカしすぎて肌ざわり(?)とか…」「すごいすごいブンちゃん!いいねー!」そんなブンジもすぐに慣れ、五月頃まで愛用してくれたのであった。「これ…おかあさんのおなかを思い出すにゃ…」足先をスキマに入れる。爪で引っかけて、ボロボロ。そして夏が過ぎ、また寒くなってきた10月ごろ数ヶ月ぶりに再び差し出した。「ブンちゃん、最近寒くなってきたから、またこれ使ってー」ゴミだらけだったから一度洗った。するとブンジは、「いや、ちょっとオレこういうのは…ニガテなんだにゃ…」と、すっかり忘れていて、2度と使ってくれなかった。「え、もしかして忘れちゃったの!?」おわり。