ネコヤマンガ

毎日大体23時更新の絵日記&漫画&雑記ブログ、ネコヤマンガです。I post at 11PM Everyday!

Angela Davis アンジェラ・デイヴィス名言集

f:id:oxoxoxoxoxox:20240217230340j:image

I am no longer accepting the things I cannot change. I am changing the things I cannot accept.
Angela Y. Davis

https://www.goodreads.com/author/quotes/5863103.Angela_Y_Davis

私はもう、変えられないことを受け入れておりません。私は、受け入れられないものを変えています。

アンジェラ・デイヴィス

We have to talk about liberating minds as well as liberating society.
Angela Davis

私たちは心を解放することを、社会を解放することと同じように話さなければなりません。

アンジェラ・デイヴィス

I grew up in the southern United States in a city which at that time during the late '40's and early '50's was the most segregated city in the country, and in a sense learning how to oppose the status quo was a question of survival.

Angela Davis

私は米国南部で、当時40年代後半から50年代初頭にかけて育ちました。国内で最も隔離された都市であり、ある意味で、現状に反対する方法を学ぶことは、生きるか死ぬかの問題でした。

Angela Davis

 

https://www.brainyquote.com/authors/angela-davis-quotes

 

「Sister, your word reaches far

姉妹よ、あなたの言葉は遠くに届く」

洋楽のいろんな曲を和訳するブログ: ジョン・レノン&オノ・ヨーコ-Angela

 

 

アンジェラ・デイヴィス(Angela Davis、1944年1月26日 - )は、アメリカ合衆国の活動家[2]、著作家[3]、学者である[4][注 1]。カリフォルニア大学サンタクルーズ校の名誉教授である。

1944年1月26日[6]、アラバマ州バーミングハムに生まれる[7]。ブランダイス大学ではフランス語専攻[8]の優等学生マグナ・クム・ラウデ、3代目の Phi Beta Kappa として表彰され(1965年卒業[9])、フランクフルト大学では哲学を専攻した[10][11]。フランクフルト学派の著名哲学者ヘルベルト・マルクーゼのもとで勉強したことで、マルクス主義に興味を持つ[12]。

アメリカに帰国し、カリフォルニア大学サンディエゴ校で学業のかたわら学生非暴力連帯委員会(SNCC=Student Nonviolent Coordinating Committee)、ブラックパンサー、共産主義活動の主流にあり、1969年に修士号[9]を授与されると東ドイツのフンボルト大学ベルリンに進み博士号を取得する[13][9]。

再びアメリカに帰国し、マルクス主義フェミニストとして共産党に入党する。この時期に、第二波フェミニズム、ブラックパンサー党、反ベトナム戦争運動などに関わる[14]。1969年には、カリフォルニア大学ロサンゼルス校にて助教授となる[15]が、直後に共産党との関わりなどから理事会により免職となる[16]。ディヴィスは異議を申し立て、裁判により大学側の判断は違法だとされ復職するが、すぐさま過激な発言を理由に懲戒解雇される[17][18]。アメリカ大学教授協会(AAUP)は理事会のこの決断を非難した[19]。

1970年、デイヴィスの名で登録された銃がカリフォルニア州の裁判所襲撃殺人事件に使われると、主犯にデイヴィスと面識のあるブラックパンサー党員がいたこと、デイヴィスと黒人政治犯釈放運動との関わり、指名手配中に逃亡したとして[20]誘拐、殺人ならびに脱獄の共謀の嫌疑をかけられる。起訴後も保釈を許されないまま、1年半を刑務所で過ごす[20][21]。全米でデイヴィス釈放運動が行われ、オノ・ヨーコやジョン・レノンなどの著名人も参加した[22]。1972年、ラテン系1名を除く裁判官全員が白人の法廷において全ての罪状で無罪となる[23]。

アンジェラ・デイヴィス - Wikipedia